プロペシアで予防する抜け毛とハゲ

男性として心配なものの一つに、いわゆるハゲがあげられるかと思います。

とくに不安になるのは、自分の家系にそういった脱毛の傾向が高い場合です。

遺伝子的な要素はAGAの大きなリスクの一つだといわれています。

そのため、明らかに脱毛症の人が家系に多い場合は、自分も将来的にそういった状況になるかもしれない、という覚悟は必要となるでしょう。

そこで、プロペシアで予防をしたいと考える人もいるかもしれません。

しかし、プロペシアで予防をするというのは、効果はあるかもしれませんが、それほどお勧めするものでもないのではないでしょうか?

●費用の問題

プロペシアは効果な薬です。

処方をしてもらったりする場合は1万円〜程度かかるかと思いますし、個人輸入でもそれに近い程度の金額はかかるでしょう。

まだAGAだと認定できていない段階で、いつなるかわからないAGAのために、この金額を毎月かけるのはとてももったいないことではないでしょうか?

●副作用の問題

プロペシアは医薬品です。

そのため当然副作用も存在します。

副作用は頭皮のかゆみ、腹痛、頭痛などがあります。

そして男性ホルモンに関連する薬だけあり、性的機能関連が減退するなど弱ってしまうことがあるのです。

こういった費用、副作用の問題をおしてまで、まだAGAの段階ではないのに服用をするのはあまりおすすめはで着ないかと思います。

ですが、自分がAGAになる可能性をどれだけ秘めているのか?ということを気にしておくのはAGAを予防するという点においては、非常に重要なことと言えるでしょう。

そういった可能性を秘めていることを認識したうえで、自分の髪の毛の状態を日々チェックして、うすくなってきたと感じたらすぐに行動をするようにしましょう。

医師の診察をうけて、プロペシアを処方してもらうようにすると、ほとんど予防に近い段階で対処をすることができるのではないでしょうか。

プロペシアの個人輸入

>>プロペシアの正規品はこちら<<